年越しSASUKE 2016-17 3 天候・・・晴れ 気温4℃ いよいよ3rd STAGE

年越しSASUKE 2016-17 #3
天候・・・晴れ 気温4℃
いよいよ3rd STAGEにたどり着いた4人の男達。年の瀬にファイナリストは誕生するのか!? 挑戦者
1 佐野岳(24)俳優
12 室伏広治(42)ハンマー投げ
13 金子陽祐(30)アクロバットパフォーマー
16 長崎峻侑(29)トランポリンパフォーマー
(計4人)
3rd STAGE エリア間の休憩時間20秒
1、キーロックハング
まずトランポリンでジャンプし、バーに飛び付く。バーは2本ある。その後は2個の引っ掛けられるハンドルに捕まり、頭上にあるランダムに設置されたフックに引っ掛けながら進む。
2、フローティングボード
板の枚数は4枚。すべて同じ高さに配置。
3、アルティメットクリフハンガー
昨年同様、1本目から3本目の部分が3本になり合計9本に。9本目から段差角度50度、80cm上に10本目(2m)がある。10本目の下には片足を乗せる大きさ10cmの突起がある。10本目から背中方向1.8m先に11本目(80cm)がある。12本目も長さ80cm(11本目と12本目の空白は30cm)。12本目から段差角度10度、1.1m先に13本目(70cm)がある。14本目は長さ80cm、15本目は長さ60cm(空白はそれぞれ10cm)。15本目から背中方向1.8m先に16本目(80cm)で終了。
30秒休憩
4、カーブドボディプロップ
ボディプロップの進化版。まず2m移動。その後1.5m下にカーブするように移動し、最後は3m上にカーブするように移動する。そのまま次のエリア。
5、ハングクライミング
21回ver。1本のバーを挟んで次のエリア。
6、ウォーキングバー
フライングバーの派生版。ストッパーは5つあり、バーを片側ずつストッパーに乗せながら進む。4つ目から右に曲がるようになっている。
インターバルバー 40秒休憩
7、フライングバー
25回ver。最後のジャンプ距離は2m。



佐野さん、アルティメットクリフハンガー14本目
室伏さん、アルティメットクリフハンガー10本目から11本目移行失敗。
金子さん、アルティメットクリフハンガー16本目。
長崎さん、ハングクライミング
長崎さんのみ全精力尽くしてアルティメットクリフハンガーを突破しましたが、序盤の蓄積も考慮してハングクライミングで力尽きました。
やっぱりクリフは未経験者ではちょっと荷が重いです。